プロフィール

名前:カワイマスミ

出身地:大阪

居住地:大阪

血液型:A型

生まれ年:1976年

保有資格:日商簿記・医療事務
     宅地建物取引主任者(現:宅地建物取引士)試験合格
     2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
     AFP(日本FP協会認定)

ストーリー

これといってやりたいこともなく、流れに任せてきました。

一般的といわれる人生を送るものだとも思っていました。

そんな私が総合病院で医療事務をしていたころに、母が不調を訴えるようになりました。

思ってもいなかった病名

母の病名はすぐにはわかりませんでした。

更年期の影響なのかもしれなし、脳の病気なのかもしれないと、いくつかの病院を回ることが1年ほど続いたと思います。

そして、病名が確定するのですが、予想もしなかった進行性の難病だったのです。

介護離職の決断

私は仕事をしながら介護をしていました。

日中は介護サービスを利用していましたが、母の症状が進行し医療行為が必要となったのを機に、仕事を辞めて介護中心の生活をすることにしました。

介護が始まったころは、仕事を辞めることは避けたかったです。

しかし、母のことを想うと、在宅介護を選びたい気持ちが強くなっていました。

ときどき現れる不安

母は、病気になったことがとても辛かったはずです。

だから、できるだけ今までと変わらない生活を送ってもらいたいと、私は思っていました。

オシャレに気をかけたり、スーパーに車椅子でかけたり、毎日あっという間に過ぎていました。

そんな中、ふと不安になるときがありました。

私の将来です。

介護生活が終わったら、私はどうすればいいんだろう。

そこで、介護生活が終わったあとのために、国家資格の「宅地建物取引士」を取得しました。

しかし、不安はなくならなかったのです。

介護生活で感じた「知る」ことの大切さ

不安がなくならなかったのは、私の将来の不安が1つではないということだったからです。

だれかに頼らないといけなくなったときの不安は、独身の私にとっては特に大きいものでした。

それは介護生活をしたからこそ、感じた不安だったかもしれません。

介護生活では、暮らしを支えてくれる制度やサービスがあることを知りました。

そして、介護にはお金がかかることも。

「私が安心して暮らしていくにはどうしたらいいのだろう?」

「まわりに迷惑をかけないようにするにはどうすればいいのだろう?」

そんな想いから、暮らしに密着した知識がもてるファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得しました。

FPの資格を取得したのは「自分のため」でしたが、ある想いがでてきたのです。

独身女性の楽しい暮らしためにお手伝い

私のように独身女性で将来を不安に思っている人は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、不安を解決方法を知らないだけなのです。

その方法をお伝えするために、私はFPを仕事にすることにしました。

10年以上の介護経験とFPとしての知識で、独身女性の不安解決のお手伝いをしています。

無料メルマガで今すぐ不安を軽くしよう

無料メルマガで今すぐ将来の「介護」「お金」「暮らし」の不安を軽くしましょう。
まずはメルマガ読者限定の【特典】をご活用ください。